たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  武蔵野市 武蔵野市

いい靴を履くと、その靴が素敵な場所に導いてくれる

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2015年11月08日

保険の担当者を使う (生命保険料控除)

突然ですが、生命保険料控除の申請、めんどくさくないですか??

これって実は、保険の担当者に任せちゃえばいいんですよ。





先日、友人の年末調整の、「生命保険料控除」の部分を
手伝いました。

毎年やることだとは思うんですが、年に一回だけしかやらないため、
よくわからないという方は多いみたいですね。

特に、2012年1月より前に入ってる保険と、それ以降に入った保険があったり、
または、2012年1月より前に入ってても、途中で更新や特約の一部つけたしをしたりで、
同じ一本の保険契約の中でも、適用される制度が旧制度か新制度か
細かく別れるものもあるんですね。
それによって、返ってくる所得税や住民税が変わってくるので、
意外と大切なことなんじゃないでしょうか。


実際、年末調整の書類を見れば、なんとなくどこに何を記入すればいいかわかるようには
なってます。
ですが、友人から言わせると、よくわからない単語が多いから、
読む気にすらならないみたいです(笑)


でも、それでいいんじゃないかと思います。
だって、そういうことも含めて保険の担当者がついてるんですから。
めんどくさいことやわからないことはすぐに相談したらいいんです。


ちなみに、所得税と住民税それぞれの控除額に下の表の税率をかけたら、
だいたい還付される金額になりますよ。

僕の友人は30000円弱の税金が返ってくる予定です。
還付金を12ヵ月で割ったら、その金額だけ月の保険料が安くなってるという
考え方もできますね。
まぁ、でもせっかくなので、ちょっとしたボーナスだと思って、
新年会やバレンタインの足しにして、パーッと使う方が景気がよくていいと思います。
  


  • Posted by bem at 23:20Comments(0)お金社会